こんなに風俗が好きな理由

気持ちが落ちてても楽しめるなって

どんな娯楽も自分の気持ちに左右されるって思っていました。でも風俗だけはそうでもないというか、別に自分の気持ちが落ちているような時であっても楽しめるなって。前向きな時に楽しむサービスって、サービスの本質にかかわらず、自分自身が楽しもうって気持ちになっているので結局は何をしても楽しいっていう側面があるんですよね。でも風俗の場合、自分の気持ちが落ちている時にこそ本領発揮というか、ストレス解消だったり自尊心の回復など他のサービスでは決して得られないであろうものを得られるってことに気付いたんですよ。その事実に気付けただけでも個人的にはかなりありがたいです(笑)だって仕事ではどうしてもストレスだとかいろいろとネガティブだったりマイナスな気持ちにさせられることも多いじゃないですか。でも風俗がそれらの気持ちをすべて払拭してくれるって思ったら、これからは快感だけじゃなくて心の拠り所としても頼れるんだなって。

予約が取れないから余計に…

予約が取れないと、さらに余計気持ちが募る部分もあると思うんですよね。これはもう風俗に限った話ではないと思うんですよ。いろんなジャンルに於いて、いつでも遊べるものって「いつでも良いかな」と思えますけど、予約出来ないとか、なかなか手に入らないとなると、もはや遊びたいとか欲しいとかじゃなく、予約位出来ないことに対しての思いが募ってくるんですよね(笑)風俗でもそうです。予約出来ない女の子がいると、その女の子と遊びたいという気持ちよりも、とにかく予約そのものを取りたいっていう気持ちになっていくんじゃないのかなって思うんですよね。だから風俗で遊ぶ時には自分なりにいろいろな気持ちを持って楽しませてもらっている中でも、予約する時に関しては少々意地になってしまっている部分もあるんじゃないかなとは思いますね(笑)でも、それはそれで楽しいですし、やっぱり予約が取れるとその時は嬉しい気持ちが自分を支配するんですよ。